-
RSS ファンになる

最新記事

ステロイド軟膏を塗る前にできる事
見た目を若くしてきれいになる
子供二人連れてキャッツを観てきました(≧▽≦)
息子、小学校に入学する
妊娠中は肩こり腰痛お辛いですよね。でももう我慢しないでくださいね。

カテゴリー

キャンペーン
サロン紹介
プライマリーウォーキング
健康
妊娠生活
妊活
子育て
幸せになる秘訣
栄養セラピー
環境問題
笑顔のバトン
言霊
隠れ貧血
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ステロイド軟膏を塗る前にできる事

前回の皮膚のお勉強の続きです。

人の皮膚は

表皮
真皮
皮下組織
という3層から成り立っています。




 










大人でも表皮と真皮をたして約2mm程度です。

赤ちゃんはなんとその半分。

ということは、赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く

経皮吸収しやすいんですね。


ですので、赤ちゃんにステロイド軟こうなどを塗るときは

くれぐれも慎重にしてくださいね。


日常的に使用していると

本来は副腎で作られるステロイドホルモンの分泌ができなくなってしまい

ステロイドから離脱できにくくなってしまいます。



ステロイドはたんぱく質を分解します。

皮膚はタンパク質から作られています。


ですから、アトピーなどでステロイドを常用していると

肌がどんどん薄くなり、

血管が見えてきて肌が赤くなってきます。


そうなると肌のバリア機能も低下して

アレルゲンなども容易に体内に侵入してしまいます。



最近ではそういった皮膚のバリア機能の低下で様々なアレルギーになることが分かってきたらしいです。

角質層の第一バリア機構
顆粒層の第二バリア機構
の低下が原因で、

湿疹やアナキラシーショックなども起こるらしいです。

ピーナツアレルギーなども口の中のバリア機能の低下によるものだといわれています。

見た目を若くしてきれいになる

今日は分子整合栄養医学の勉強会でした。

 10年近く学び続けていても毎回勉強会に参加するたびに新鮮な驚きや発見があり本当に面白いです。

今日は「見た目年齢を若くしてきれいになる」
というお題でした。

 この写真は一卵性の双子の姉妹です。

 同じ遺伝子を持っていても生活習慣でこれだけの違いが出てきます。















(右の方はタバコや食生活が不規則)

内臓年齢は見た目とイコールとなります。


 必ず見た目が若い方の方が長生きされます。


実は、その見た目を大きく左右する皮膚は一番大きな内臓なんです。



肌のたるみや、しみ、しわなども老化減少の一つです。


女性ならなるべく避けたいものですよね!

そこで、肌にコラーゲンがいいと信じて食べたり、塗ったりしても、残念ながらそのコラーゲンが そのまま皮膚に使われることはほぼないです(T-T)(T-T)


まず、コラーゲンは
・たんぱく質
・ビタミンC
・鉄
で形成されます。

ですので、これらの栄養をしっかりとる事が大切です。

鉄が足りない貧血女子の方はお肌のトラブルも多いです。


 菜食主義の方もたんぱく質や鉄は食事から補う事は難しいのですね。

やはり、口にしたもので体は作られますので、しっかり栄養を考えた食生活をおくってくださいませ♪

子供二人連れてキャッツを観てきました(≧▽≦)

小さいうちから子供に本物の良いものを観せたい。
 
勉強も大切だけど、感性を磨いて心豊かに育ってほしい。
 
そんな風に思います。
 
だから定期的にクラッシックやライブや良い映画などを
 
一緒に見に行ってます
 
 
 
今はまだ意味などわからなくても心に何か残ると信じて…
 
 
 
昨日はキャッツを見てきました。

 
 








2歳児と6歳児を一人でお世話しながら堪能できるのか???
 
6歳はともかく
 
2歳児大丈夫か・・・・???
 
とかなり心配でしたが
 
 
最初の場面で少し驚いて声を出したくらいで
 
その後はおとなしく夢中で身を乗り出してみていました
 
 
 
最後まで泣かずに、大きな声も出さずに本当にお利口で
 
周りの方たちにも
 
利口に見てたね~っとほめて頂きました
 
偉いぞッ
 
 
 
 
しかし、「キャッツ」ほんとに素晴らしかった~!!
 
 
 

息子、小学校に入学する

1年生になった息子。
 
大きなランドセルとブカブカの制服を身にまとい
 
成長を感じながらも
 
改めて
 
まだまだこんなにも小さいんだな~っと愛おしく感じます
 
毎日毎日新しいことだらけで
 
ワクワク半分ドキドキ半分。
 
毎日テンション高めで帰ってきて、
 
5分後には制服のまま爆睡・・・
 


 
 
小学生もお疲れなのね。。。
 
 
 
そんなこんなでお疲れの彼は、
 
自宅サロンでマッサージベットを出しっぱなしにしていると
 
すかさず
 
「マッサージお願しますっ」と寝て待っております







(この日は弟君も順番待ち笑)
 
おいおいなんて贅沢な小学生なんだ。(笑)
 
先日マッサージしてあげたら
 
「ママッサージありがとう」
 
といって貯金箱をカチャカチャしながら
 
「はい200円あげる!!」
 
と言って手渡してくれました。
 
 
何故200円???
 
と不思議に思いながらも
 
 

妊娠中は肩こり腰痛お辛いですよね。でももう我慢しないでくださいね。

ご妊娠おめでとうございます
 
マタニティ中は幸せを感じる半面、
 
何かとお体のお悩みは多いもの。
 
大きなお腹を支えて腰や肩はもう限界寸前。。。
 
下半身がむくんで冷えてだるい。。。
 
体がいつもだるくて疲れやすい。
 
などなど・・・
 
でも、もう我慢しないでくださいね。

 
私も一人目の時は腰が痛くて痛くて夜も寝れなかったのを覚えています。
 
でも、〇〇と〇〇を改善するだけでウソみたいにその痛みがなくなるんですよ
 
 
一つ目〇〇のは姿勢です
 
 
 

















 
ビフォー➡アフターです。
どこがどう違うかお分かりになられますか???
 
 
このアフターの姿勢、実は簡単そうで結構難しいんです
 
体重をどこに置くか、どこにも力が入っていないか?
膝は?お腹は?肩甲骨は?
 
 
などなど、慣れるまで結構大変なんです。
 
 
お腹が大きくなると自然と腰が反ってきますよね。
 
これを反り腰と言いますが、
 
反り腰は実はお産にも悪影響を及ぼします。

妊娠中は肩こり腰痛お辛いですよね。でももう我慢しないでくださいね。

ここに記事をお書きください。

こちらをご覧くださいませ。

反り腰について

こんにちは♪
 
今日は反り腰についてです。
 
あおむけで寝た時に腰が浮いていませんか?
 
試しに御自分の腕を入れてみると
 
指先だけ入る方や腕がスポッと入る方。
 
大小はありますが腰がそっているということです。
 
反り腰でない方はべったりと腰が浮かずに床に密着しています。
 
そういう方は腰痛やむくみはほぼないです。
 
 

施術していると足のむくみや腰痛がひどい方は
 
図のように骨盤が前に傾き仙骨が出ていることが多いです。
 
 











施術では凝り固まった筋肉をほぐし骨盤を整え姿勢を整えていきますが
 
やはり普段の姿勢がとても大切になってきます。
 
 
反り腰の方は鼠蹊部を圧迫してしまうので、
 
下半身や下腹部のリンパや血流が悪くなり、
 
むくみや冷えなどに繋がります。
 
何をしても下半身が細くならない、むくみや冷えがひどい、
 
という方はまずは反り腰の改善をおすすめいたします。
 

コツは少し意識的にお腹を丸めることです。

(猫背にならないように気を付けてくださいね。)

産後の体について気を付けていただきたいこと。

ご出産おめでとうございます
 
そして本当にお疲れ様でした。
 
今日は産後の体についてです。
 
女性の体は「妊娠」「出産」そして「産後」と劇的に変化していきます。
 
出産とは生死をかけた大仕事です。
 
その後、ホッと息をつく間もなく
 
育児という長く長く続いていく大仕事が待っています。
 
育児にとって何が一番大切か。
 
それは一番そばで見守る母親が心身ともに健康でいる事ではないでしょうか。
 
母親の健康状態は
 
母乳という直結した子供の成長の材料にも大きくかかわってきます。
 
  
そして
 
子供の豊かで安定した心を育むためにも
 
母親の愛情がたっぷりと必要です。
 
 
ですからまずはママ自身が健康でいてください。
 
ママが心身ともに健やかでいることが
 
子供にとっての何よりものプレゼントです。
 

 
しかし産後はどうしても免疫力や体力が低下しやすい時期です。
 
 
こういう時期だからこそ、
 
しっかりと栄養のあるものを頂き

パパさんパパさん 悩めるママさんの気持ちを代筆してみました(@^^)/~~~

こんにちは(^^♪
 
 
産前産後ケアサロンのイチモリです。
 
 
最近は産後~育児真っ最中の方のお話を聞くことが多いのですが、
 
 
育児に関してのお悩みが多い方の話を聞いていると
 
 
そこには
 
 
「夫婦関係」
 
 
が大きく関わっているように思います。
 
 
 
つまり
 
 
 
旦那様がどれだけ
 
ママの心と体を気遣いフォローできているか否か
 
ということです。
 
 
 
妊娠中から出産そして育児
 
 
 
この期間中のママはホルモンバランスの影響で精神的にももろくなり
自分でもコントロールが効かなくなることもあります。
 
 
 
 
 
そして体力も免疫力も低下し、疲れやすく、でも疲れを取るほどゆっくりもできず
日々の家事、そして慣れない育児に追われる日々が続きます。