会社名 - キャッチコピーなど
RSS ファンになる

最新記事

途中までほぐれている感じがしなかった!!
サロンに来るとゴルフのスコアが良くなる!!
薬を飲む前に・・・それ本当に鬱ですか?
妊娠前にしておくべきこと
私のセラピスト歴は5歳からでした

カテゴリー

お客様の感想
キャンペーン
サロン紹介
プライマリーウォーキング
健康
妊娠生活
妊活
子育て
幸せになる秘訣
感じた事思ったこと
栄養セラピー
環境問題
笑顔のバトン
言霊
隠れ貧血
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ステロイド軟膏を塗る前にできる事

前回の皮膚のお勉強の続きです。

人の皮膚は

表皮
真皮
皮下組織
という3層から成り立っています。




 










大人でも表皮と真皮をたして約2mm程度です。

赤ちゃんはなんとその半分。

ということは、赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く

経皮吸収しやすいんですね。


ですので、赤ちゃんにステロイド軟こうなどを塗るときは

くれぐれも慎重にしてくださいね。


日常的に使用していると

本来は副腎で作られるステロイドホルモンの分泌ができなくなってしまい

ステロイドから離脱できにくくなってしまいます。



ステロイドはたんぱく質を分解します。

皮膚はタンパク質から作られています。


ですから、アトピーなどでステロイドを常用していると

肌がどんどん薄くなり、

血管が見えてきて肌が赤くなってきます。


そうなると肌のバリア機能も低下して

アレルゲンなども容易に体内に侵入してしまいます。



最近ではそういった皮膚のバリア機能の低下で様々なアレルギーになることが分かってきたらしいです。

角質層の第一バリア機構
顆粒層の第二バリア機構
の低下が原因で、

湿疹やアナキラシーショックなども起こるらしいです。

ピーナツアレルギーなども口の中のバリア機能の低下によるものだといわれています。

そういったものを防ぐためにも、しいっかりと肌粘膜を強化する必要があります。

タンパク質 鉄 ビタミンCですね


そして皮膚のトラブルを防ぐに乾燥対策も大切ですね。


石油系の安いボディーソープなどは洗浄力が高すぎ

大切な皮脂を全部洗い流してしまいます。



我が家では無添加の石鹸系を使用しています。

洗浄力も高すぎず、環境にも優しいので愛用しております。

が、先生のおすすめはアミノ酸系のボディーソープでした。

なぜかというと、

角質層の角質細胞一つ一つにナチュラルモイスチャーファクターというアミノ酸が

入っています。

これが不足すると角質細胞がばらばらになり、

乾燥した肌になってしまいます。

ですので、こういったアミノ酸系のボディーソープや

保湿クリームがおすすめらしいです

こういったもので赤ちゃんをしっかり保湿してあげると

アトピーの原因因子があったとしても

ふせぐことが可能らしいです。

ですので、なるべく小さいお子様にステロイド軟こうを使用する前に、

口にするもので、しっかり皮膚粘膜を強化する。

できればママが妊娠前や妊娠中、母乳育児中にしっかり栄養を取って

赤ちゃんにたくさん栄養を渡してあげてくださいね。

もし現在乾燥肌のお子様でお悩みでしたら栄養+しっかり保湿です。

ステロイドはこれだけしても、どうしても辛い時に使用されてもいいかと思います。


大切なお子様のために、

まずはママがしっかりと健康な母体でいてくださいね

今日もありがとうございました。


産前産後ケア大阪市内出張
大阪市西区のウツボ公園近くプライベートサロン
奈良の王子の保育施設内サロン
など展開しております。
お気軽にお問い合わせくださいませ











ステロイド軟膏を塗る前にできる事に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment