会社名 - キャッチコピーなど
RSS ファンになる

最新記事

途中までほぐれている感じがしなかった!!
サロンに来るとゴルフのスコアが良くなる!!
薬を飲む前に・・・それ本当に鬱ですか?
妊娠前にしておくべきこと
私のセラピスト歴は5歳からでした

カテゴリー

お客様の感想
キャンペーン
サロン紹介
プライマリーウォーキング
健康
妊娠生活
妊活
子育て
幸せになる秘訣
感じた事思ったこと
栄養セラピー
環境問題
笑顔のバトン
言霊
隠れ貧血
検索エンジンの供給元:

マイブログ

サンゴの体形をスムーズに戻し、栄養たっぷりの母乳を作るには

こんにちは(^^♪
 
梅雨に入ったのも忘れるくらい日差しが強いですね
 
今日は産後の体形を妊娠前よりも美しくするための秘訣の食事編です。
 
 
 
産後はなぜか甘いものを欲してしまいますよね・・・
 
私も、産後無性に甘いものがほしくなり板チョコを一気に3枚くらい食べたこともありました
 
 
でもそれは脳の誤作動です。
 
疲労や精神的ストレスで脳もお疲れなんですね…
 
 
 
 
甘いものというのは食べると中毒性があり、
 
次から次へとほしくなってしまいます。
 
でも、体の声は
 
「きゃ~もう十分だよ~~~~」
 
 
という感じです。
 
 
 
 
そして、甘いもの(糖質)は体の中で代謝されるのに
 
 
たくさんのミネラルやビタミンを消耗してしまいます。
 
 
ということは母乳にもビタミンやミネラルが不足してしまいます。
 

 
※ビタミンB群は脳や神経系で特に大切な役割を担います。
ビタミンB6の不足が乳幼児痙攣などを起こすこともあります。
妊娠中からも気を付けていただきたいですが、
B12の不足は無脳症、葉酸欠乏が新生児の2文脊髄を起こす原因ともなります。
B2の不足は子供の成長が遅い、体重がの増加が遅いなど。
ナイアシンの不足 鬱っぽいなど。
 
 
ビタミンやミネラルは
大量の糖質
ストレス
アルコールの常飲
加工食品の取りすぎ
感染症
喫煙
カフェインの大量摂取
 
などで消費され不足傾向となります。
 
 
 
妊娠中から赤ちゃんにビタミンB群がきちんと運ばれていれば
 
赤ちゃんの精神も安定してきます。
 
もし、夜泣き、ぐずり、落ち着きがないという行動が目立つようであれば
 
ビタミンB群が足りていないのかもしれません。
食事だとこういったものをしっかり取ってくださいね。

 
 












そして、上記のの生活習慣などは改善して
 
ママが食事でこういったものをしっかりとって
 
栄養たっぷりの母乳を赤ちゃんにあげてくださいね
 
 
ビタミンB群をしっかりとった赤ちゃんは落ち着いた頭が良い子に育つらしいですよ
 
 
そして、こういったものをしっかりと食べていると、
 
ママの精神も安定してきます。
 
そして、ビタミンB群は私たちが生きるために必要なエネルギーを作ります。
 
例えば脂質がたくさんあってもB群が不足していると
 
エネルギーとして使われず
 
油はお肉となって体に居座ります
 
いわば、ビタミンB群はチャッカマンみたいなもので、
 
脂質をエネルギーとして活用してくれます。
 
つまり代謝が上がり痩せやすい体になるということです
 
 
ですので、ついつい、手軽な菓子パンや、おにぎりだけで食事を済まさずに、
 
ビタミンBがたっぷりなこういったものをしっかりとって快適な育児ライフをおくって下さいね。
 
今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
大阪市内 マタニティ&産後ケア 出張ケア
大阪市西区 ウツボ公園近く隠れ家サロン(場所はご予約の際にお伝えいたします)
お気軽にお問い合わせくださいませ。

サンゴの体形をスムーズに戻し、栄養たっぷりの母乳を作るにはに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment