-
RSS ファンになる

最新記事

途中までほぐれている感じがしなかった!!
サロンに来るとゴルフのスコアが良くなる!!
薬を飲む前に・・・それ本当に鬱ですか?
妊娠前にしておくべきこと
私のセラピスト歴は5歳からでした

カテゴリー

お客様の感想
キャンペーン
サロン紹介
プライマリーウォーキング
健康
妊娠生活
妊活
子育て
幸せになる秘訣
感じた事思ったこと
栄養セラピー
環境問題
笑顔のバトン
言霊
隠れ貧血
検索エンジンの供給元:

マイブログ

妊娠生活

妊娠中は肩こり腰痛お辛いですよね。でももう我慢しないでくださいね。

ご妊娠おめでとうございます
 
マタニティ中は幸せを感じる半面、
 
何かとお体のお悩みは多いもの。
 
大きなお腹を支えて腰や肩はもう限界寸前。。。
 
下半身がむくんで冷えてだるい。。。
 
体がいつもだるくて疲れやすい。
 
などなど・・・
 
でも、もう我慢しないでくださいね。

 
私も一人目の時は腰が痛くて痛くて夜も寝れなかったのを覚えています。
 
でも、〇〇と〇〇を改善するだけでウソみたいにその痛みがなくなるんですよ
 
 
一つ目〇〇のは姿勢です
 
 
 

















 
ビフォー➡アフターです。
どこがどう違うかお分かりになられますか???
 
 
このアフターの姿勢、実は簡単そうで結構難しいんです
 
体重をどこに置くか、どこにも力が入っていないか?
膝は?お腹は?肩甲骨は?
 
 
などなど、慣れるまで結構大変なんです。
 
 
お腹が大きくなると自然と腰が反ってきますよね。
 
これを反り腰と言いますが、
 
反り腰は実はお産にも悪影響を及ぼします。

妊娠中は肩こり腰痛お辛いですよね。でももう我慢しないでくださいね。

ここに記事をお書きください。

妊婦さんの恥骨痛

こんにちは(*^▽^*)産前産後ケアサロンSP-RINGのイチモリです

今日は妊婦さんの恥骨痛についてです。

妊娠すると出産時に骨盤の開きを促すために

リラキシンホルモンという関節や靭帯を緩めるホルモンが分泌されます。

このホルモンは骨盤だけに作用するわけではなく

出産に向けて妊娠初期からじわじわと全身の関節や靭帯を緩め始めます。

そのゆるんだ関節や靭帯の代わりになって体を支えているのが筋肉です。

ですから、妊娠中は常に筋肉を酷使している状態ですので、

筋肉量の少ない方や、

筋肉の質が良くない方は

疲れやすく様々なトラブルが起こりやすくなるので、

タンパク質をしっかりとって良質の筋肉を増やしてくださいね。(^^♪


 

そして、赤ちゃんがどんどん大きくなると当然骨盤への負担も大きくなります。

特に間違った立ち方歩き方などをしていると

恥骨結合に付着している筋肉がどんどん縮んでコリ固まってしまいます。

すると

リラキシンでゆるんでいる恥骨結合が引っ張られキシキシと痛みが出てきてしまいます。


 

ですので、しっかりタンパク質を補い

柔軟性のある筋肉を作り

正しい姿勢に改善することが大切です(´▽`*)

そして、コリ固まった筋肉はマッサージやお風呂などで温め、しっかり緩めてあげてくださいね。